求人検索
Concord Executive Group 投資銀行&ファンド転職

サービス内容

PEファンド

概要

ファンド

PEファンドは、プライベート・エクイティ・ファンド (Private Equity Fund) の略称です。バイアウト・ファンドと呼ばれることもあります。

PEファンドの目的は、機関投資家など有限責任のリミテッド・パートナー(LP: Limited Partner)から集めた資金で企業の株式を取得し(投資)、その投資先企業の経営に深く関与して企業価値を高めた後に売却することで高い収益を獲得することにあります。
投資から売却までの保有期間は、3~5年程度であることが一般的です。

投資先企業に対しては、中長期の成長資金を供給するだけでなく、上述の通り経営に深く関与するため、社外取締役として参画したり、外部人材を招聘したりすることで、経営改革を行ないます。

主な投資対テーマは、①大企業の子会社および非主流部門の売却(カーブアウト)、②事業承継に悩むオーナー系中堅企業の売却、③MBO(マネージメント・バイ・アウト)、④要再生企業、という4つのタイプに大別されます。
2000年代は、要再生企業への投資が多く見受けられましたが、現在は、カーブアウトや事業承継のケースが多くなっています。

なお、創業後10年以内の企業に投資するVC(ベンチャーキャピタル)と異なり、PEファンドはキャッシュフローが安定している成熟企業に投資するのが一般的ですが、VCとPEの中間的な投資を行なう「Growth投資ファンド」もあります。

また、“プライベート・エクイティ”ファンドという呼称ではあるものの、上場株を投資対象にすることもあり、必ずしも「非公開株」のみを対象とするものではありません。

ファンドの社員の主たる業務内容には、ファンドレイズ、投資先の発掘・評価、投資実行に関わるエグゼキューション、さらには、投資先の企業価値向上支援や売却があります。
投資先の発掘は、パートナーやディレクターなどのシニアクラスが責任を持って行うのが一般的です。
ただし、ジュニアクラスのメンバーが投資先の発掘を担うファームもあるため、応募する際にはご志向を勘案して判断する必要があります。

PEファンド

世界的に著名なPEファンドとしては、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)、ブラックストーン・グループ、カーライル・グループ、ベインキャピタル、ペルミラ・アドバイザーズ、CVC キャピタル・パートナーズなどが挙げられます。

また、日系ファームでは、ユニゾン・キャピタル、アドバンテッジパートナーズ、インテグラル、日本産業パートナーズ、ポラリスなどの活躍が目立ちます。


ポジション

PEファンドにおけるタイトルは各社によって体系は異なりますが、主として以下の4つから構成されています。

  • アソシエイト
  • ヴァイスプレジデント
  • ディレクター
  • パートナー/マネージングディレクター

年収水準

年収水準

PEファンドの年収水準は、ベース(年俸)とボーナス(成果報酬)の合算で構成されており、一般的に他業界と比べて非常に高額です。
さらに、キャリードインタレスト(※1)と呼ばれる報酬が加わることがあります。

また、報酬体系は、外資系/日系などによって大きく異なりますので、詳しくは弊社エグゼクティブコンサルタントにお問い合わせください。

(※1)キャリードインタレスト
PEファンドの社員の収入として特徴的なのが、キャリードインタレスト(Carried Interest、通称:キャリー)の存在です。
PEファンドは投資家の資金を預かって運用しているため、基本的には投資から得られた利益は投資家に返上されますが、利益の一定比率分はファンドが成功報酬として受け取ります。
これがキャリードインタレストの原資となり、社員に配分されます。
分配方法は各社によって異なりますが、場合によっては、生涯働かなくてもよいほど多額の収入を得ることがあります。

求められる人材要件

PEファンドへの転職では、採用枠が非常に狭いことから、経済環境や各社の投資状況によって応募要件が変動することがあります。
一般的な応募要件としては、主に以下のいずれかの経験を有することが求められています。

  • PEファンドでの業務
  • 投資銀行業務(M&A)
  • 経営コンサルティング業務

上記以外では、商社での投資や投資先管理業務の経験者、事業会社での経営企画業務の経験者、海外名門大学院のMBA新卒も候補となります。
また、ファームによっては、これらに該当しない場合でも、採用されている事例があります。

選考プロセス

PEファンドへの転職における選考では、書類選考を経て面接が行われます。

面接は1対1で行われ、1回あたり概ね30~60分程度です。
人物を見極める意味も込めて会食が伴うことも多々あります。

面接の回数は各社によって異なりますが、ファンドのシニア社員とは全員面接を行うことが一般的です。

面接は他業界でも行われるような一般的なものからファンド特有のものまであります。各社によって大きく異なりますので、詳しくは弊社コンサルタントにお尋ね下さい。

ネクストキャリア

PEファンドのネクストキャリア

PEファンドは日本ではまだ20年弱の産業のため、PEファンド出身者のネクストキャリアに確定的なパターンは見られませんが、次のようなキャリアを選ぶ方が多く見られます。

  • 業界内転職として別のPEファンドに転職
  • 投資先含む事業会社の経営幹部として転職
  • 投資銀行やコンサルティングファームへ転職
  • MBAへの留学
  • PEファンドの設立・起業

近年では、若くしてPEファンド経験を積んだ方が、新しいファンドを起業するケースも出てきています。
今後は、このような新しいPEファンドが増加することで、業界全体がさらに発展していくと予想されます。

主なPEファンド

ファンドへの転職支援実績

ファンド

もっと見る

外資戦略系ファーム コンサルタント(東大)27歳
PEファンド
外資財務系ファーム マネージャー(有名私大)35歳
PEファンド
外資戦略系ファーム マネージャー(海外MBA)34歳
PEファンド
シンクタンク マネージャー(慶大)34歳
PEファンド
業務・IT系ファーム マネージャー(一橋大)33歳
PEファンド
戦略系ファーム シニアマネージャー(早大)40歳
PEファンド
外資戦略系ファーム コンサルタント(東大)25歳
PEファンド
無料転職相談:登録はこちら
私達が大切にしてること