求人検索

サービス内容

産業革新投資機構

Japan Investment Corporation

産業革新投資機構(JIC)は、「産業活力の再生及び産業活動の革新に関する特別措置法」に基づき2009年に設立された官民出資の大型投資ファンドである産業革新機構(現:株式会社INCJ)の後継組織として2018年9月に改組した。
設置期間は2009年から2024年度の15年間だったINCJのものを2033年度までに延長した。

新機構においても国内最大級の投資会社であることは変わらず、政府保証枠・旧産業革新機構の出資回収分・民間資金を活用し投資規模は当面2兆円超が想定されている。
直接投資に加え、複数の子会社ファンド(内外の投資家との共同出資も想定)を通じて出資する。

INCJ時代は①次世代産業・新興企業の育成と蓄積、②既存企業の革新を通じた次世代産業の成長の二つの視点で産業再編に資するバイアウト投資やベンチャー投資、海外インフラへの投資を行ってきたが、「不振企業の延命」との批判もあり今後はベンチャー企業投資に傾注するものと思われる。
同機構の発表によると民間資金だけではリスクが高い成長分野(人工知能・バイオ・創薬等)への資金供給を後押しするとある。
(田中正明社長の記者会見では①ソサエティー5.0に向けた新規事業の推進②ユニコーンベンチャーの創出③地方に眠る将来性のある技術活用④既存事業の産業や組織の枠を超えた事業再編を挙げている。)

初代社長には三菱UFJフィナンシャル・グループ元副社長を務めた田中正明氏が就任。
同氏は三菱UFJ時代、傘下の米地銀トップを務め、モルガン・スタンレーとの資本提携やタイ・アユタヤ銀行買収にも関与した「世界の潮流に詳しい国際派」「剛腕」との評判。
副社長には米国在住の「日本人で一番成功したベンチャーキャピタリスト」と言われる著名な金子恭規氏(慶大医学部卒・インターン時代にスタンフォード大大学院にMBA留学。バイオベンチャーCFOやベンチャー投資等をご経験)が就任した。
両氏とも国際派で、海外金融人材との交流も深く、海外投資家資金の呼び込みに備えた布陣と思われる。

INCJ(旧:産業革新機構)⇒https://www.incj.co.jp/

注目企業一覧

無料転職相談 金融業界を熟知したコンコード流のキャリア相談

書籍のご紹介

キャリアコンサルタント紹介

メールマガジン

はじめての方へ


プレミア企画


セミナー案内



<< セミナー情報一覧へ